NICT Beyond5G研究開発推進ユニット

docB5G
ホワイト
ペーパー

B5Gホワイトペーパーの概要

SDGsの達成やSociety 5.0の実現のためには次世代情報通信基盤であるBeyond 5G/6Gが必須であり、その機能構成を定義していくことが重要です(図A)。まずフィジカル空間では、従来の地上系モバイルネットワークだけでなく、衛星系ネットワークやマルチコア光ネットワークなどを組み合わせることで柔軟で拡張性のある通信環境が提供されます。またサイバー空間では、アプリケーションに応じて多様な空間が併存し、蓄積された過去データや将来の予想などの情報処理を行います。

図A: SDGsの達成やsociety5.0を実現するBeyond 5G/6Gの機能構成の概要

横にスクロールしてご覧ください

5G/6Gの機能構成の概

Beyond 5G/6G時代には、これらフィジカル空間とサイバー空間の双方において時間や空間が高度に制御され、両空間が統合されることで、これまでフィジカル空間だけでは実現が出来なかったことが可能となります。統合されたフィジカル空間とサイバー空間をまたいで実現するイネーブラー(基盤サービス/基盤機能)を組み合わせることにより新たなアプリケーションが提供されて、様々な社会課題の解決にも役立つことが期待されます。

ホワイトペーパーでは、第3章で2030年~2035年頃の社会生活をイメージした3つのシナリオといくつかのユースケースを紹介しています。アバターを高度に活用する社会を描く「Cybernetic Avatar Society」、人間活動が月まで広がった社会を描く「月面都市」、時空間同期が実現した社会を描く「時空を超えて」の3つのシナリオのイメージを図Bに、各シナリオの想定するロードマップを表Cに示しています。これらのシナリオに描かれた未来社会からバックキャストすることで必要となる要素技術を洗い出すとことを試み、ホワイトペーパー後半ではユースケースを実現するための要素技術と要求条件、研究開発ロードマップや展開戦略等をまとめています。

ホワイトペーパーのダウンロードサイト:
https://beyond5g.nict.go.jp/download

図B: 2030年~2035年頃の社会生活をイメージしたBeyond 5G/6Gの3つのシナリオ

「Cybernetic Avatar Society」より 写真「Cybernetic Avatar Society」より SP写真「Cybernetic Avatar Society」より

「時空を超えて」より 写真「時空を超えて」より SP写真「時空を超えて」より

「月面都市」より 写真「月面都市」より SP写真「月面都市」より

表C: 各シナリオの想定するロードマップ

横にスクロールしてご覧ください

表C: 各シナリオの想定するロードマップ